▼あるがまふぃあバンドブログ

2011年01月31日

garo de live! vol.4レポ

1/28(金)のexhibit Live&Moris 'garo de live! vol.4'
おこし頂きありがとうございました!
天井の高い空間でここならではの残響を余す事無く利用したアンプラグドライブ、
予想以上にいい音が出て、演者二人もびっくり、そして感動しながらライブをしました。
もちろんお客様も大変楽しんで頂けたようで、最終的にはギャラリーパーティーのような状態になりました。これは予想通り(笑

garolive_2011128.jpg

ライブ終了後、まだギターを離さない有賀。いつまでも弾いていたい空間です。
アンコール終了後も、今回告知で知って来て頂いたミュージシャンのお客様二人と夢のセッション、いやコミュニケーション!ができました。
夜が更けても止まぬ音楽。毎回こんな時間が作れたらいいね。
今後もギャラリーの方と協力してexhibit Live&Moris 'garo de live!'続けていければと思います!

今回演奏したセットリストを知りたいとのリクエストがありましたので記載します。
(遅くなってすみませんm( __;)m)
ここで演奏してたらこんな風になった、的なものが後半にいっぱい。
今後ここで初演したものを元に、また新しく生まれるバージョンを他のライブでも演奏すると思います。相変わらず、俺らの音楽は自由ですな〜、。

19:30〜第一部
1:new day(Acoustic)
2:Stars(Acoustic Antares)
3:海の暁
4:Birth
5:君の声

21:00〜第二部
1:環
2:四月の青
3:すべてを〜message〜(pianopera)
4:君の日々(Acoustic)
5:君と僕をつなぐもの(unheard soul pianopera)

アンコール(少々記憶が曖昧で順番が違うかも知れません…)
1:声が出ない
2:ゆるやかな革命
3:君が来たら(Acoustic ver, shuffle)*初披露バージョン
4:月と詩人(pianopera)*初披露バージョン

エクスタイム
1:フリーセッション*key C
2:空の上じゃ(Acoustic)*初披露バージョン

今後はもっともっとお客様に来て頂いて、盛り上げていけたらなと。
あるがまふぃあの曲が好きな人にとっては、本当に贅沢な空間だと思います。
今回来れなかった方は次回をお見逃しなく!
posted by あるがまふぃあ at 04:52| Comment(1) | 元管理人pdブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

2011年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます!
旧年中はお客様、関係者各位大変お世話になりました。
ライブ、イベントを通して去年は様々な経験をし、壁に当たり、クリアできたこと、できなかったこと等沢山ありました。
2011年はあるがまふぃあ活動開始から7年目を迎えます。
時間の流れと共に考え方や視点、ベクトルも変わるのが常です。そこに逆らわずにバランスよく活動することは本当に難しい。
しかし根底にある気持ちはメンバー皆同じ。
何があってもひとえに音楽を続けていく思いです。
本年は先々どうなるかわかりませんが、成長していくバンドメンバーを今年もどうかよろしくお願いします。応援して下さいませ!

さて、2010年の締めくくりは大晦日の原宿JETROBOTでした。

20101231_22.jpg

山下は大晦日のコミケ帰りに直で原宿へ。合流間もなく有賀とステージ。
そしてカウントダウン>あけおめ
有賀は年明け前に別口へ出向。
JETでの年越しは結構アットホームなので屋内温度もあいまって心地よく、おでんと蕎麦をたらふく喰らい眠気マックスな俺。
年明け後も他アーティストが来店しそれぞれ3曲ほどを演奏。
かなり盛り上がってましたね。夢うつつであんま覚えてないけど(笑

今年もこのお店にはお世話になりそうですな。
posted by あるがまふぃあ at 23:01| Comment(0) | 元管理人pdブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

そろそろ2月ですよ。



山下もい。
さてさて、3rd albumのレコーディング順調でございます。
先日の1コマ、なんとMAX山崎さん召喚してのジャムでございます。
新旧のメンバーが夢のコラボです。
しかも“一緒の部屋で録音キボン”と。愛があります。(うほっ
この意気込み、たまりませんでした。ミュージシャン魂に感動。
仕上がりが楽しみですね。

そして迫る29日は、今年最初のバンドライブです。
海外へ行く今井ドラムはひとまずこのライブで見納めですよ。是非来て下さい!

1月29日(金曜日)
恵比寿天窓.switch(http://www.otonami.com/ebisu/map/index.htm
voice beat vol.2
孔井嘉乃/江崎和歌/倫子/あるがまふぃあ

18:30開場/19:00開演 ¥2,500(1ドリンク込)
posted by あるがまふぃあ at 01:37| Comment(0) | 元管理人pdブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

MJ、永遠に。

こんにちは、久々の山下(PD)です。

今日はいつもウチらのイベントに出演頂いている、
お世話になっています!の良きバンド仲間、Mint Julepの5thイベントを見に顔を出そうと、
楽しみにしてウキウキな清々しい朝を向かえた矢先、

…マイケルの死を知りました。
うーん、まさかだね…。

若い方はあまり知らないと思うけど、
彼は楽器パフォーマンスはしないものの、
ボーカリストというだけではなく自分の曲を作曲しているミュージシャンなんです。
ただ単に敏腕プロデューサーが着いてここまでビッグに成れたわけではありません。
ボーカル、ダンス、そしてゴシップが先立してしまうため、その辺はあまり脚光を浴びないけど、
全世界が受け入れたあの曲この曲、全て彼のインスピレーションから生まれてる。
俺は彼のそういうとこに感銘を受けてました。

晩年のゴシップは、事実であってもウソであっても、プロパガンダであってもどうでもいいです。
彼の音楽は絶対的だったから。

彼が音楽に真っ向取り組んでた時代、
その音楽から俺は多大な影響を受けた一人です。
だからものすごく寂しい。

彼が築いた音楽のポピリズム、センスは、これからも生き続ける。
少なくとも俺の心の中、iPodの中、そして続くなら俺の音楽の中に確実に生き続ける。

ありがとう、マイケルジャクソン。



※あるがまふぃあ近日ライブ予定
▼7月4日 高田馬場四谷天窓
【天窓オリンピック Aブロック】
開場:12:30
開演:13:00 
チケット:¥1000 (D別¥500)
出演者:あるがまふぃあ/mimosa"/見田村千晴/池本真実
posted by あるがまふぃあ at 10:44| Comment(0) | 元管理人pdブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

新年の挨拶

皆様、明けましておめでとうございます。
あるがまふぃあの鍵盤を担うPD(山下さん)です。

遅れながら12月27日あるがまま〜に来場してくれた皆様、
本当にありがとうございました。
あるがまふぃあ活動から5年目にして、
あの日は最もファンタスティックな1日でした。
大きな会場なれど、あんなにも聴衆が身近に感じ、
俺らの音楽がフィードバックしてくる様は、
改めてライブをしているというこの上ない幸せを感じ、夢の中にいるようでした。
パフォーマンスをする側、見る側、そんな垣根は全く無く、
あの会場にいたみんなが主役になれたと思ってます。
…それってライブの理想なんですよ。ウレしs

昨年はうちらにとって一歩前進できた年でした。
小さい一歩なんですけどね。各々得たものは大きいんです。
あるがまふぃあを聴く人は、本当に心から何かを感じてくれるようになって、
それって“届いてる”証拠なんですよね。

今まであまり多くの人にうちらの音楽、声、メッセージを伝えられなかったんです。
でも昨年は流通にのったCD販売もでき、ライブを通して凄い多くの人に伝えれました。
でも伝わるだけじゃなかったんですよね。
“届いた”んです。
あるがまふぃあの、有賀の声と音楽とメッセージが。
その結果があのイベントだと思ってるんです。
正直、あんな大勢のみなさんと会うのは初めてだったじゃないですか。
受け入れられるのか不安はあったんですよ。
新曲も、というかアルバム収録以外の曲なんて、果たしてやって大丈夫なのかと…。
でも、始まった瞬間からお客さんみんながそれを拭ってくれて、
あぁ、これは届いてるんだなと。届いたものは残るわけで、
みんながそれを持っていてくれてる。

これはメンバー全員とても大きな力をもらったことだと思います。
この得たものは、本当に大きいです。

機会をくれた岸尾さん、スタッフ皆様、
そしてうちらの音楽を聴いてくれたお客様、
心から…ありがとうございます!
この経験は一生大事にしていこうと思います。
これをバネに今年は昨年以上多くのみんなにうちらの曲を聴いてもらえるよう力が漲ってる次第です。

んでもって、
その活動の核となるのはもちろんライブです。
ミニアルバム君の声、Jackpot収録曲もさることながら、
新曲『君と僕を繋ぐもの』、そして現在製作中の新曲、等々、
今年はライブに是非来て頂いてみんなに聴いて欲しいです。
ライブではその都度アレンジを場や雰囲気に合わせて変えることもあります。
アコースティック編成の場合は如実にアレンジの変化が見れるので、あるがまふぃあの色んな面が見れると思います。
あまりライブハウスに行かないという方も、どうか気軽に来て下さいね。
うちらが出てれば、大丈夫!(’’ぉ

element_001.jpg

※PDよりお年賀、
(2008年10月25日『月の裏』Vol.1オープニングムービーより)
posted by あるがまふぃあ at 23:18| Comment(4) | 元管理人pdブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

ただいま

PD、苗場から戻りました。
あぁ、長く準備して、打ち合わせして、
終わってみたらあっという間というのが毎年の感想です。
FUJI ROCK FESTIVAL'08、今年も最高でした。

一つ、謝罪します。
Underworld;のVocal&Guitar、カール・ハイド様、
GステージとWステージの間の道で僕とすれ違いました。
家族連れでプライベートを楽しまれてたのに僕が気付いてしまい、
連れの友達に興奮して「!〜*%$#?…!!」と思わず小声で教えてしまいました。
僕は何を隠そう大ファンであり偉大な存在なので、
見た瞬間思わずその場で立ちすくんでしまい泡吹いてましたが、
その連れの友達3人ほどが握手を求めて追い掛けていってしまいました。
聞くところによると快く握手をしてもらったらしく、
3人とも一生の思い出になったと言っていました。
本当にありがとうございました。
御迷惑だったとしたら本当に申し訳ありませんでした;
翌日のGステージ本番、最高に感動しました。

改めてこのフェス、
知らない人、行ったことのない人、もしいたら、
この時代に生まれてる以上絶対に行った方が良いと思います。
細かいレポートはここに相応しくないので書きませんが、
最高に幸せなひとときであり、音楽の力を実感できるお祭りです。

自分はただ見るだけではなく、音楽をやる側の人間として、
今後の活動に少しでも反映できるよう頑張ろうと思いました。
いや、強制的に反映させるのではないのです。
このフェスで見たこと、聴いたことが自然に表に出てしまうのです。
僕はココで観客とアーティストが一体になるということとはどういうことかを学び、
人生の中で音楽がとても大きな存在となりました。

そして、いつかあのステージに立ちたいと本気で思っています。

Image045.jpg

Image047.jpg
posted by あるがまふぃあ at 14:20| Comment(0) | 元管理人pdブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

暑中、

Jackpot080724.jpg

どうも、PDこと山下です。
夏本番、
そして野外フェス本番、
今日からFUJI ROCK FESTIVAL'08へ行ってきます。もちろん客でね。lol
自然の中で音を満喫、うちが最も好きなアーティストUnderworld;も出ます(崇拝)。
全て吸収して、今年下半期自分のライブ演奏にいい意味で反映できればと思ってます。
そしていつかは、、、ステージ側に立てる様願いつつ。
8月1、2日のWWWライブではきっと日焼けの似合わないPDが拝めるかも知れません。
ムケムケだったら最悪なので気をつけます(フ

さて、
2nd mini album『Jackpot』発売が9月3日に迫りました。
このブログもエピーやら有賀やらなんやらで盛り上がってます。
近々サンプル音源のアップをし、同時に制作話もちょくちょく書こうと思ってます。
苗場出発前で準備全くできてないPDでした。ではまた後程〜。

靴買ってこよう。
posted by あるがまふぃあ at 19:21| Comment(0) | 元管理人pdブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。