▼あるがまふぃあバンドブログ

2011年03月21日

あるがまふぃあより、

もうすぐ春という時、日本に大きな出来事が起こりました。

個人的話で申し訳ないですが、
東京に住む俺は、常日頃から地震というものを意識して生活していました。
もともと日本は地震大国。大きな地震はいつきてもおかしくないと言われ続け、
心の備えはしていたものの対策実行とまではいかず、今回の揺れでCD棚や積み上げてた荷物のほとんどが崩壊しました。(もちろん身体は何事も無く無事です

日々流される被害状況や、身近な周囲の状況、今すべての関心はこの震災中心と言っていいかも知れません。そしてそれについてみんながそれぞれの考えを持って行動している。
今まで考えなかったようなことも、真剣に考えるようになった、
3/11以降とそれ以前は全く違う世界になったかのように思えます。

阪神淡路の時とは違い、今は携帯に始まる通信及びネットインフラが普及しソーシャルメディアによって様々な考え方や意見を一個人が雲の上から見下ろすかの如くすべてを掌握できてしまう、
それによってブレたり、振り回されたり、という人は少なくないと思います。
そこで交わされる意見の中には音楽に対するポジティブな考え、
そしてそうではないものがあります。

あえてネガティブな考えも、これは本当にそう思われている意見であって否定はできません。
震災による原発被害、それに伴う電力不足という現代日本の災害史に前例の無い特殊な環境、
またそれに限らず今回初めて直面し体験している事象、それは大きくとらえたら新しい一歩の始まりだと思うのです。
今出てくる意見や考え方はいかなるものも“新芽”から紡いではいけない。

その中で音楽は一体何ができるのだろうと考えた時、正直今はまだ何一つわかりません。
希望、癒し、楽しみ、等々多く聞かれる言葉がある反面、不要と思う人もいます。
その答えは、日本の復興と共に見つけていくことかも知れません。



先に告知をしていた4月ライブ日程 4/3・4/28 は現在予定通り行う方向です。
あるがまふぃあメンバーはいつもと変わらず音楽活動を続けています。
これから自分たちで何が出来るのかを以前よりももっと大事に考えて活動を続けて、
その中で先々お客様が受け取ることができたメッセージこそが答えになれば、
そう思っています。
これからもよろしくお願いします。m( __ )m

被災された方々にお見舞いを、そして犠牲になった方々のご冥福を祈ります。

(管理人pd:keyboard.山下)

110307_001.jpg

▲2011/3/7南青山MANDALAより!
posted by あるがまふぃあ at 06:32| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。